全量買取制度の仕組み 10kw以上の太陽光発電システム

サイトマップ

TOP >全量買取制度の仕組み

太陽光発電 新制度の全量買取制度の仕組み


余剰買取制度と全量買取制度
太陽光発電システムで発電した電力は、電力会社に売ってお金をもらうことができます。その際、国の買取制度がふたつあります。ひとつは「余剰電力の買取制度」で、ふたつめは「全量買取制度」です。
余剰買取制度は自家発電した電力の一部を自分の家で消費し、余った電気を売電する制度で、一般的な住宅向けです。一方、全量買取制度は自己消費する電力は、今まで通り電力会社から買い、自家発電した電気はすべて売電する制度で産業向けです。
一般的な住宅の10kw未満の太陽光発電システムでは、以前も現在も余剰買取制度が適用され、10年間の固定買取価格が保証されます。

新制度の全量買取制度
ところが、2012年7月1日に制定された新制度の固定価格買取制度では、今までの産業用と住宅用という表現はなくなり、住宅でも産業でも公称総出力10kw以上の太陽光発電設備を導入した場合、全量買取制度を選択できるようになりました。一般住宅でも発電し電力のすべてを20年間に渡り、固定価格で買い取ってもらえるようになったのです。
新しい全量買取制度では、個人住宅とか会社とか建物の用途での縛りは関係ありません。ただ単純に出力10kwの境で分けていて、10kw以上であれば全量買取制度を選択できます。
そうはいっても一般的な住宅にはとても10kwのシステムは乗せれません。でも、住宅と車庫や離れなどの合わせ技ならどうでしょう?もちろん大きな住宅、事務所やお店、または倉庫やアパートなど、つまり大きな屋根をお持ちの方には朗報ではないでしょうか。
もっと大規模になると学校や企業などに導入するメガソーラーと呼ばれる巨大なシステムがあります。個人の方でも遊休地を有効利用して、架台にパネルのみを並べた投資的な設備導入方法もあります。
では、この全量買取制度が適用される10kw以上のシステムは、実際どんな仕組みなのかを説明します。実はすごく簡単なのです。今まで普通に使っていた電気設備、屋内配線及び電力メーターとは完全に別に発電システムを構築させます。
- 具体的なフローは -
[ソーラーパネル] → [パワーコンデショナ―] → [売電用メーター] → [電力会社]
という一方通行なのです。ですから電力メーターも通常の買電用とは別に売電専用のメーターが増設され、それぞれが違う目的でクルクル回っている感じですね。おもしろいことに電力会社の明細書についても[太陽光受給電力量のお知らせ]と[電気料金のお知らせ]が並んでついてきます。ですから実に詳細が理解しやすいです。
この辺は写真も含めて全量買取制度 体験記でご紹介したいと思っています。

*10kw以上の太陽光発電システムでは全量買取・余剰買取のいずれの選択も可能です。
(どちらを選択しても買取価格及び期間に差はありません。)

*パワーコンデショナー及び表示機・無線装置の運転には電力会社からの供給電力を消費します。


- おすすめ太陽光発電見積りサイト -
見積りを取って価格と内容のバランスを比較検討しましょう!


産業用-1位 太陽光発電ガイドの紹介する太陽光パネルは一流メーカー製の既成品です。品質は高いにも関わらず量販店やメーカー直営店と比べ、中間マージンがない分、安く提供できると好評です。中立な立場で特定のメーカーに片寄らず、国内外の全メーカー販売店を紹介してくれるのが魅力ですね。

産業用-2位 産業用・法人専用の無料一括見積もりタイナビNEXTのサイトです。 小規模から大規模のメガソーラーを手掛けている優良企業140社以上が登録。産業向けの見積比較が容易にできるなど、10kw以上のシステム導入を考えるならタイナビネクストで無料一括見積もりがおすすめです。

一括見積り-1位 利用者数100万人突破!国内最大級の無料一括見積りサイトです。約1分の入力で、1度に最大5社に見積もり依頼ができて便利です。「100%ご納得できない場合はお断りください!」 しつこい営業が全くないとのことなので気楽に見積りが取れます。

一括見積り2位 アクティブな登録施工店の数は200社以上と業界No1!ここはしっかり見積りが届くのでユーザー満足度も非常に高いです。信頼できる登録施工業店を厳選しています。ユーザー様の太陽光発電設置に少しでもお力になれれば幸いですと書かれてるのが印象的です。

一括見積り3位 全国の120社以上の中から厳選した複数社の見積もりを無料で取ることができます。導入後のお客様の声を反映させているのが好印象です。比較ナビ見積もり隊ではしつこい営業販売を行う施工販売会社は登録を断っているそうなので問合せがしやすいです。